HOME>特集>基本的な事を知ってどんなメリットがあるかをよく考えよう

どんな家の事を言うのか

最近話題の自然素材の家は、具体的にどんな住宅を指すのでしょうか。法的な定義等はありませんが、多くの場合は化学物質が入る素材を極力使用しない家の事を指します。昔ながらの漆喰や珪藻土、無垢材等を活用し自然素材にこだわったのが自然素材の家の大まかなイメージになります。

他には無い個性を自然に出せる

自然素材の家の大まかなイメージは先述の通りですが、もう少し深い所を知ると家作りの際役立つでしょう。無垢材等の自然素材は、人体に優しい事はもちろん、それぞれが使い込むごとに独特の風合いが生まれてきます。同じような住宅を作ったとしても、時が経つにつれそれぞれがらりと雰囲気は変わります。ずっと住み続けても飽きない、視覚的にも優れた家になりやすい傾向にあります。

日本の気候にマッチする快適な暮らし

また、自然素材の家は日本の気候にマッチしやすいという傾向にもあります。例えば、漆喰や珪藻土を使った壁は湿度が高い時はそれを吸い込み、低い時には内部に溜まった湿度を放出します。また、無垢材のフローリングは夏の汗等によるべたつき等の嫌な感触、冬のひんやりとした冷たさを防いでくれます。こうした素材ごとの特徴が、日本の四季を快適に暮らすための大きな手助けになります。

広告募集中